育毛剤の代表的な成分について

育毛剤を選ぶなら成分に注目しましょう。

育毛剤は商品ごとに成分が大きく異ることもあるので、育毛剤なら何でもいいというわけではありません。

自分にとってニーズのある成分が含まれた育毛剤を使いましょう。

育毛剤には主に、男性ホルモン抑制型、頭皮の血行促進型、毛母細胞活性型という3つのタイプがあります。

このうちの男性ホルモン抑制型にはノコギリヤシやオウゴンエキス、亜鉛といった成分が含まれている場合が多く、これらは頭皮に悪影響を及ぼすテストステロンの活動を抑えてくれます。前頭部や頭頂部の薄毛に有効な成分です。

また血行促進型の育毛剤にはミノキシジルという成分がよく使われています。

血行が悪くなると頭皮に栄養が補給されにくくなりますが、ミノキシジルは血管を拡張して、血行をよくしてくれます。

後頭部ハゲが進行してしまっている人は血行が悪化している場合が多いので、このタイプの育毛剤が有効かもしれません。

最後に毛母細胞活性型の育毛剤ですが、これにはビタミンHや亜鉛などが含まれています。

これらの成分はいわば毛根の栄養分です。

食事からだけでは不足しがちな栄養を毛根に直接ふりかけることによって、毛根の発毛機能を活性化させてくれるのです。

毛母細胞は年齢とともに働きが弱まるものですから、薄毛予防として30代くらいからこのタイプの育毛剤を使用するのもオススメです。

以上のように育毛剤に含まれている成分は様々です。

育毛剤の成分についての知識を深め、自分に必要な成分が配合された育毛剤を選べば、育毛剤の効果はより上がることでしょう。

育毛剤を使い全力で髪トラブルを解消します

早く何とかしないとハゲになっちゃうんじゃないかと心配で育毛剤を使っています。

育毛剤が側にないと何だか不安なので仕事に行くときもバッグの中にいれて持ち歩いています。

仕事中でも頭が痒くなってきたなと感じたら席を立って女子トイレに行って育毛剤を頭につけてマッサージしています。

ハゲちやうかも知れないと心配にはなっていますけど、まだ実際にはハゲにはなっていません。

まだハゲにはなっていませんが頭のてっぺんの髪がペチャンコになっていてハゲているように見えているのだけです。

それでも私にとっては大問題なのです。

これから婚活も始めなくちゃと思っている30代女子の頭がハゲてしまっては婚活どころではありません。

髪の不安を解消しなければ明るい気分で婚活も始められないのです。

30代とはいってもまだ前半なので老化現象が出ているのではないかと思っています。

もしかしたら同期入社の子たちがどんどん結婚して行っているプレッシャーがストレスになっているの可能性も否定できません。

ストレスは髪にも良くないと聞いたことがあります。

そうであれば、婚活でパートナーを見つけるのが髪に元気を戻す最善の策なのかも知れませんが、こうなると卵が先かニワトリが先かの問題になってしまいます。

いまは取り敢えず育毛剤を使って全力で髪のトラブルを解消したいと思っています。